仮想通貨の現状は?統計情報を基に説明します!

○この記事で伝えたいこと

  • 時価総額ではビットコインが圧倒的に大きいが、為替市場と比較して、まだまだ小さい。
  • 仮想通貨は経済が不安定な国で人気がある。
  • 2020年は米企業がビットコインを買う動きがある。今後の価格動向に注目していこう!

こんにちはー、ウチダです。

以前、仮想通貨の投資効率を分析しました。(参考:仮想通貨への投資効率を最大化した話

今回は統計情報を基に、仮想通貨の現状について説明します。

仮想通貨の現状

仮想通貨への投資は儲かると聞きますが、実際はどうなんでしょうか?

また、以下のような情報はご存知ですか?

  • 時価総額の大きさ
  • 仮想通貨を多く保有している国
  • 日本における仮想通貨の位置づけ

今回は統計情報を基に、仮想通貨の現状を調査しましたので、お伝えします。

仮想通貨の時価総額

仮想通貨は”通貨”なので、価格だけでなく、発行量もあります。

この価格に発行量をかけたものが、時価総額と呼ばれます。(参考:仮想通貨の時価総額とは?

CoinMarketCapに時価総額の情報があるので、グラフ化します。(データ:CoinMarketCap

比較対象は、次の仮想通貨とします。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

時価総額を比較したグラフがこちらです。

図1 仮想通貨における時価総額の推移

縦軸は10の11乗なので、千億ドル単位です。

時価総額はビットコインが圧倒的に大きいのが現状です。

具体的な額を確認すると、2015年8月時点でビットコインは40億ドル程度です。

表1 仮想通貨の時価総額

そして、現在は3300億ドル程度です。

表2 仮想通貨の時価総額

仮想通貨全体のうち、時価総額でビットコインは60%を占めています。

図2 仮想通貨の時価総額における割合(2020年12月7日時点)

仮想通貨の時価総額は、他の市場と比較して、どれぐらいの大きさなのでしょう?

仮想通貨は、”通貨”なので、為替市場の規模と比較します。(参考:為替市場の規模は?

2019年時点で、世界の外国為替取引高は1日で8.3兆ドルです。

ビットコインは、為替市場に比べるとまだまだ小さいといえます。

ちなみに、時価総額の成長率はどうなっているのでしょう?

2015年8月7日の時価総額を基準に、ビットコイン、イーサリアム、リップルの成長率を比較しました。

図3 時価総額の成長率

成長率で比較すると、イーサリアムが最も大きく、ビットコインとリップルは同程度でした。

イーサリアムは急成長しているようです。

仮想通貨が人気の国

仮想通貨はどこの国で人気なのでしょう?

「Cryptocurrency World Map」は、Googleトレンドの検索データをもとに、国別の関心度を分析しています。(参考:仮想通貨が人気の国は?

仮想通貨ごとの検索割合は、ビットコインが圧倒しています。

図4 仮想通貨の検索数の割合

さらに、仮想通貨ごとに検索数が多い国も分析されています。

表3 仮想通貨の検索数が多い国

仮想通貨の種類によって全く異なることがわかります。

ここで、ビットコインが人気の理由を探るために、各国のインフレ率を調査しました。

図5 各国のインフレ率 

ビットコインが人気の国はインフレ率が不安定で、大きく変動しています。

このように自国通貨の価値が不安定な場合、他国通貨へ換金して保有することが一般的です。

ビットコインはどこの国の通貨にも換金できるため、経済的に不安定な国には人気なのでしょう。

また、どの通貨からビットコインに資金流入しているかは、coinlibでわかります。(参考:どの通貨からビットコインが買われている?

2019年から2020年にかけて、テザー(USDT)からビットコインへの資金流入が大きくなっています。

経済的に不安な国の人から資金流入が多いかと思っていましたが、そんなことはなかったです。

(そもそも貧しい国の人々は、所得が低くくて、あまりビットコインを変えないのかもしれません)

テザーは、1USDT≒1USDの価格に設定された仮想通貨です。

テザーの時価総額の推移を見ると、2018年から急増しています。(参考:テザーの時価総額は?

図6 USDTの時価総額

ここで、テザーの時価総額は、価格と発行量のかけ算からなります。

価格は一定なので、発行量が急激に増えていると推定できます。(参考:テザーが急増した背景は?

また、ビットコインの時価総額と比較したグラフを示します。

図7 USDTとBTCの時価総額

2018年頃はビットコインバブルの頃で、ビットコインの時価総額が上昇しています。

ビットコインは10分に1回誕生するので、価格上昇が時価総額の変動の主要因となっています。

一方、テザーは低いままです。

2019年後半から段階的に増え、2020年には急増しています。

それに合わせるようにビットコインも暴騰しているのが、2020年までの動きです。

2018年のビットコインバブルの頃は、他の仮想通貨が暴騰する中、1USDT≒1USDに魅力を感じないでしょう。

しかし、バブルがはじける段階では、非常に魅力的です。

他の仮想通貨が暴落する中、1USDT≒USDで換金できるわけです。

また、USDTであれば、為替市場を介さずに他国通貨へ換金できます。

スピードや手数料の観点でもメリットがあるのかもしれません。

仮想通貨の保有者

2020年12月時点で、ビットコインの保有者は91%が個人です。(参考:ビットコインの保有者は?

ちなみに、2019年における仮想通貨の普及率は、南アフリカ、タイ、インドネシアが上位3カ国になっています。(参考:仮想通貨を多く保有している国は?

日本はこれらの国の半分程度の普及率です。

日本では、一体どのような人たちが仮想通貨を保有しているのでしょうか?

実は、日本暗号資産取引業協会が統計情報を毎年レポートしています。(参考:日本の仮想通貨の取引状況は?

それによると、2019年時点で仮想通貨の取引をしているのは、99.4%が個人です。

つまり法人(会社)はほとんど取引していません。

また、取引金額も10万円以下がほとんどです。

仮想通貨は個人がほとんど保有している状態といえます。

仮想通貨の今後

仮想通貨が広く普及するには、法人の参入が不可欠です。

そして、2020年はまさに参入が始まっている時代なのです。

  • 約680億円の調達に成功、ビットコイン追加購入の準備──MicroStrategy社(リンク
  • イーサリアムETF(ETP)、カナダの証券取引所で取引開始(リンク
  • グレースケールなど仮想通貨投資ファンド、機関投資家による大規模資金流入止まらず(リンク
  • 米老舗保険企業、100億円相当のビットコインを購入──WSJ報道(リンク
  • 「全加盟店でビットコイン決済を」ペイパルCEOが語る展望(リンク

主にアメリカ企業でビットコインの購入の動きが始まっています。

企業の資産の一部が流入すれば、大きな価格上昇が期待されます。

この動きは始まったばかりなので、2021年以降はビットコインの価格に注目です!

まとめ

今回は統計情報を基に仮想通貨の現状を説明しました。

2020年はアメリカ企業を中心に、ビットコインを買う動きが始まっています。

これからの価格動向に注目です!

ここまで読んでくださりありがとうございました。^^

プログラミングのコード

今回の分析に使用したプログラミングのコードを以下に示します。

使用言語はPythonです。

ぜひご参考に。

時価総額の推移

CoinMarketCapからヒストリカルデータをコピーして、csvファイルにしてからプログラムで処理しました。

スクレイピングでの自動収集は、サイトで禁止されていたのでご注意ください。

#import libraries
from pandas_datareader import data
import pandas as pd
from pylab import mpl, plt
import numpy as np
import datetime
plt.style.use('seaborn')
mpl.rcParams['font.family'] = 'serif'
mpl.rcParams['figure.figsize'] = 10, 6
%matplotlib inline

#file path
path = '/home/uchida/ドキュメント/ブログ/記事58 20201212/'

#definitoin for reading csv files
def read_csv(crypto):
    df = pd.read_csv(path + crypto + '.csv', index_col='Date', parse_dates=True).dropna()
    df.index = pd.to_datetime(df.index)
    df = df.sort_index(ascending=True)
    return df

#read each csv file
BTC = read_csv(crypto='BTC')
ETH = read_csv(crypto='ETH')
XRP = read_csv(crypto='XRP')

#make a market_cap dataframe
market_cap = pd.DataFrame()
market_cap['BTC'] = BTC['Market_cap']
market_cap['ETH'] = ETH['Market_cap']
market_cap['XRP'] = XRP['Market_cap']
market_cap = market_cap.dropna()

#show a graph
market_cap.plot(lw=2.0, figsize=(10, 6))
plt.xlabel('year')
plt.ylabel('Market Cap(USD)')
plt.savefig("Market_cap.png")

成長率の比較

最初の日を基準に、時価総額が何倍になったのか計算しました。

計算方法は、対数変化率を計算して、ネイピア自然数の乗数に入れることで、倍数を算出しています。

#calculate a Logarithmic rate of change
rets = np.log(market_cap / market_cap.shift(1)).dropna()

#show a graph
rets.cumsum().apply(np.exp).plot(lw=2.0, figsize=(10, 6))
plt.xlabel('year')
plt.ylabel('Market Cap Growth')
plt.savefig("Market_cap_growth.png")

プログラミングレッスンも実施しているので、ぜひ気軽にお声掛けくださいね。

ありがとうございました。

1995年生まれ、佐賀県出身。 高専を卒業して大手化学メーカーの研究職に就職するが、投資で1200万円作ったので好きなことをやろうと決め、5年で退職する。 現在は保険代理店に勤めながらお金から自由になる仕組みづくりに挑戦している。 趣味は国内旅行。「コロナが明けたら旅行に行こう」が妻との合言葉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA