プログラミング

仮想通貨の使い方とは?ソラナのコーディングに挑戦

今回は完全に勉強の記事です。

仮想通貨は売買するものではなく、

本来はエコシステム、プログラムの一部なんです。

仮想通貨はスーパーフジでいえばエフカマネーです。

フジというプラットフォームがあるからこそ

本来価値を持つんです。

それが市場に出てきて、高値がついているから取引されているだけ。

本来はプログラムの構成要素なんです。

プログラミング学習の教材を探している中で、

仮想通貨は将来性がありますよね。

さらに使っている人も少ないので、

今回勉強することにしました。

※おすすめのプログラミングスクール

せっかくプログラミングができるなら

稼げるレベルまで高めませんか?

現役エンジニアが就職サポートまでしています。

無料トライアル制度もあるのでおすすめしています↓

仮想通貨ソラナとは?

仮想通貨ソラナとは?

Solanaは、新しい高性能のパーミッションレスのブロックチェーンを実装する

オープンソースプロジェクトです。

Solana Foundationはスイスのジュネーブに拠点を置き、

オープンソースプロジェクトを維持しています。

ソラナは超高速、低コストのトランザクションができると知られており、

投資家から注目を集めているコインです。

今回はsolanaのプログラムをubuntu(linux)に入れて扱います。

solanaのインストール方法

まず仮想環境を作ってsolanaをインストールします。

conda create -n uchida
#仮想環境を作成する。uchidaは任意の環境名。

source activate uchida
#仮想環境に入る。

sh -c "$(curl -sSfL https://release.solana.com/v1.9.7/install)"
#solana toolのダウンロード

export PATH=”$PATH:/home/uchida/<strong>*</strong>”
#PATHを通す作業をした。solanaのファイルがあるパスを****に入れる。

solana --version
#バージョンの確認。solanaが使えることを確認する。

solana CLIを使う

CLIはコマンドラインインターフェイスです。

どんな文字列を入力したら、どんな操作ができるか

というものです。

solana --help
#使用可能なコマンドライン一覧を表示。

solana <COMMAND> --help
#特定のコマンドを調べる。

コマンドの使用法メッセージには、

通常、<AMOUNT>、<ACCOUNT_ADDRESS>、<KEYPAIR>などの単語が含まれます。

各単語は、コマンドを実行できるテキストの種類のプレースホルダーです。

たとえば、<AMOUNT>を42や100.42などの数値に置き換えることができます。

<ACCOUNT_ADDRESS>は、公開鍵のbase58エンコーディング(9grmKMwTiZwUHSExjtbFzHLPTdWoXgcg1bZkhvwTrTwwなど)に置き換えることができます。

キーペアのルール

CLIツールを使用する多くのコマンドでは、の値が必要です。

キーペアに使用する値は、作成したコマンドラインウォレットのタイプによって異なります。

たとえば、CLIヘルプは、ウォレットのアドレス(キーペアのパブキーとも呼ばれます)を表示する方法が

次のとおりであることを示しています。

solana-keygen pubkey <KEYPAIR>

ウォレットのタイプに応じてに入れるものが変わります。

今回はファイルシステムウォレットを選択肢します。

ファイルシステムウォレットのKEYPAIR

ファイルシステムウォレットを使用すると、

キーペアはコンピュータ上のファイルに保存されます。

をキーペアファイルへの完全なファイルパスに置き換えます。

たとえば、ファイルシステムのキーペアファイルの場所が/home/solana/my_wallet.jsonの場合、

アドレスを表示するには、次のようにします。

solana-keygen pubkey /home/solana/my_wallet.json
#home/solana/のフォルダにmy_wallet.jsonファイルを作成する。

solana-keygen pubkey ~/my-solana-wallet/my-keypair.json
#公開鍵を作成する

solana-keygen verify <PUBKEY> ~/my-solana-wallet/my-keypair.json
#公開鍵を認証する。<>内に入力する。

クラスターに接続する

solanaを動かすためにクラスターに接続します。

今回は勉強なのでDevnet(開発環境)を使用します。

export SOLANA_METRICS_CONFIG="host=https://metrics.solana.com:8086,db=devnet,u=scratch_writer,p=topsecret"
#devnetへのパスを通す

solana config set --url https://api.devnet.solana.com
#devnetへの接続

solana config get
#接続状況の確認

トークンの送受信

まずエアドロップでトークンを取得します。

solana airdrop 1 <RECIPIENT_ACCOUNT_ADDRESS> --url https://api.devnet.solana.com
#<>内に受け取るウォレットアドレスを入力します。

solana balance <ACCOUNT_ADDRESS> --url https://api.devnet.solana.com
#残高の確認

送受信するので、別のウォレットを作成します。

solana-keygen new --no-passphrase --no-outfile
#新しいウォレットの作成

次に、エアドロップされたトークンを譲渡して、

所有していることを証明します。

Solanaクラスターは、トランザクションの送信者の公開鍵に対応する

秘密鍵ペアを使用してトランザクションに署名した場合にのみ、

転送を受け入れます。

solana transfer --from <KEYPAIR> <RECIPIENT_ACCOUNT_ADDRESS> 0.5 --allow-unfunded-recipient --url https://api.devnet.solana.com --fee-payer <KEYPAIR>
#SOLを送信する
#KEYPAIR = /home/***/my-solana-wallet/***.json
#RECIPIENT_ACCOUNT_ADDRESS = 新たに作成したウォレットのpubkey

solana balance <ACCOUNT_ADDRESS> --url http://api.devnet.solana.com
#残高の確認

トークンを受け取るには、

他の人がトークンを送信するためのアドレスが必要になります。

ソラナでは、ウォレットアドレスはキーペアの公開鍵です。

キーペアを生成するには、さまざまな手法があります。

選択する方法は、キーペアの保存方法によって異なります。

キーペアはウォレットに保存されます。

トークンを受け取る前に、ウォレットを作成する必要があります。

完了すると、生成したキーペアごとに公開鍵が必要になります。

公開鍵はbase58による長い文字列です。

その長さは32文字から44文字までさまざまです。


すでにSOLを保持していて、誰かにトークンを送信したい場合は、

キーペアへのパス、base58でエンコードされた公開鍵、

および転送するトークンの数が必要になります。

それを収集したら、solanatransferコマンドを使用してトークンを転送できます。

ステーキング

SOLを受け取ったら、バリデーターにステークを委任することを検討してください。

ステークは、ステークアカウントでトークンと呼ばれるものです。

Solanaは、バリデーターの投票を、

委任されたステークの量で重み付けします。

これにより、これらのバリデーターは、

ブロックチェーン内の次の有効なトランザクションブロックを決定する際に

より大きな影響力を持ちます。

その後、Solanaは定期的に新しいSOLを生成して、

スタッカーとバリデーターに報酬を与えます。

委任するステークが多いほど、より多くの報酬を獲得できます。

ステーキングアカウントの作成

ステークを委任するには、

いくつかのトークンをステークアカウントに転送する必要があります。

アカウントを作成するには、キーペアが必要です。

その公開鍵は、ステークアカウントのアドレスとして使用されます。

ここではパスワードや暗号化は必要ありません。

このキーペアは、ステークアカウントを作成した直後に破棄されます。

solana-keygen new --no-passphrase -o stake-account.json
#ステーキングアカウントの作成

solana create-stake-account --from <KEYPAIR> stake-account.json <AMOUNT> \
    --stake-authority <KEYPAIR> --withdraw-authority <KEYPAIR> \
    --fee-payer <KEYPAIR>
#KEYPAIR=ウォレットの秘密鍵。 /home/***/my-solana-wallet/***.json
#AMOUNTはSOLの数

solana stake-account <STAKE_ACCOUNT_ADDRESS>
#ステーキングする

ステークおよび撤回の権限は、

-stake-authorityおよび--withdraw-authorityオプションを使用して

アカウントを作成するときに設定できます。

その後、solanastake-authorizeコマンドを使用して設定できます。

たとえば、新しいステーク権限を設定するには、次のコマンドを実行します。

solana stake-authorize <STAKE_ACCOUNT_ADDRESS> \
    --stake-authority <KEYPAIR> --new-stake-authority <PUBKEY> \
    --fee-payer <KEYPAIR>

これは、既存のステーク権限を使用して、

ステークアカウントの新しいステーク権限を承認します。

※おすすめのプログラミングスクール

せっかくプログラミングができるなら

稼げるレベルまで高めませんか?

現役エンジニアが就職サポートまでしています。

無料トライアル制度もあるのでおすすめしています↓

ここまで読んでくださりありがとうございました。^^

-プログラミング
-