お金の健康

ふるさと納税の寄付額はいくらまでできるの?シミュレーションしてみよう

こんにちは、ウチダです。

もうあと数日で年末ですね。

前回の記事ではふるさと納税をおすすめしました。

(参考:ふるさと納税なら食費の節約に!?2021年にやっておきたいお金のこと

ふるさと納税とは住民税の一部を

自分が指定した自治体に寄付することで

寄付相当額を控除してもらえる制度です。

この寄付額はいくらまでできるの?

と質問をいただいたので回答します。

ふるさと納税の寄付額はいくらまで?シミュレーションしてみよう

ふるさと納税の寄付額はいくらまで?シミュレーションしてみよう

結論からいうと、

寄付はいくらでもできます。

ただ、住民税から控除される金額には上限があります。

返礼品の価値は寄付額の3割以下と決められているので

ただの割高な買い物です。

控除上限の金額は所得によって変わるので、

こちらのサイトでシミュレーションするのをおすすめします。

(参考:控除上限額のかんたんシミュレーション

ざっくり言うと、

所得が高い人ほど控除上限額は大きくなります。

年収300万円の独身だと、控除上限額は28,000円くらい、

年収1000万円の独身だと、控除上限額は171,000円くらいです。

控除上限の金額より小さい額ならOKです。

1万円だけでも控除の対象になります。

2021年分のふるさと納税の枠は12月31日までなので

早めの申請をおすすめします。


やり方はサイトにアクセスして

アカウント登録して、

返礼品を選び、

コンビニ払い、もしくはクレジットカードで支払うだけです。

あとは返礼品が来るのを待ちます。

住民税の控除は、特定の条件を満たせば

寄付した自治体に控除の申請用紙を郵送するだけです。

たったこれだけで控除を受けられます。

2021年もあと数日なので、

早くふるさと納税に取り組むのがいいと思います。

こちらからサイトに飛べます。


公式LINEではこんな記事を無料配信しています。

月1〜2回はメッセージ、週1回はタイムラインで配信中です。

節約や投資に興味があれば

ぜひ友だち追加をお願いします。

友だち追加

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。^^

-お金の健康
-