お金の健康

DEXの自動マーケットメイカーAMMとは?

こんにちは、ウチダです。

今回はDEXの自動マーケットメイカーAMMを勉強するために

次の記事を和訳しました。

参考:What Are Automated Market Makers?

AMMは、従来の買い手と売り手に依存した金融市場で代わって、

流動性プールを介してDeFiエコシステムを

24時間年中無休で流動性を維持します。

要約

自動マーケットメーカー(AMM)は、

分散型ファイナンス(DeFi)エコシステムの一部です。

それらは、買い手と売り手の従来の市場ではなく、

流動性プールを使用することにより、

許可のいらない自動的な方法でデジタル資産を取引することを可能にします。

AMMユーザーは、一定の数式によって価格が決定される

暗号トークンを流動性プールに提供します。

流動性プールはさまざまな目的に合わせて最適化でき、

DeFiエコシステムの重要な手段であることが証明されています。


自動マーケットメーカー(AMM)を使用すると、

従来の買い手と売り手からなる市場の代わりに

流動性プールを使用して、

デジタル資産を許可いらずで自動的に取引できます。

従来の交換プラットフォームでは、

買い手と売り手は資産に対して異なる価格を提示します。

他のユーザーが上場価格を許容できると判断した場合、

彼らは取引を実行し、その価格が資産の市場価格になります。

株式、金、不動産、およびその他のほとんどの資産は、

この従来の市場構造に依存して取引を行っています。

ただし、AMMには、資産の取引に対する異なるアプローチがあります。

AMMは、イーサリアムと分散型ファイナンス(DeFi)に

固有の金融ツールです。

この新しいテクノロジーは分散化されており、

常に取引に利用でき、買い手と売り手の間の

従来の相互作用に依存していません。

資産を交換するこの新しい方法は、

一般的なイーサリアム、暗号、およびブロックチェーン技術の

理想を具体化しています。

システムをコントロールするものはおらず、

誰でも新しいソリューションを構築して参加できます。

流動性プールと流動性プロバイダー

流動性とは、市場価格に影響を与えることなく、

ある資産を別の資産(多くの場合は法定通貨)に簡単に変換できることを指します。

AMMが登場する前は、イーサリアムの分散型取引所(DEX)にとって流動性は課題でした。

インターフェースが複雑な新技術であるため、買い手と売り手の数が少なく、

定期的に取引する人を十分に見つけることが困難でした。

AMMは、流動性プールを作成し、流動性プロバイダーに

これらのプールに資産を供給するインセンティブを提供することにより、

流動性が制限されているというこの問題を解決します。

プール内の資産が多く、プールの流動性が高いほど、

分散型取引所での取引が容易になります。


AMMプラットフォームでは、買い手と売り手の間で取引する代わりに、

ユーザーはトークンのプール(流動性プール)と取引します。

中核となる流動性プールは、トークンの共有ポットです。

ユーザーは流動性プールにトークンを供給し、

プール内のトークンの価格は数式によって決定されます。

式を微調整することにより、

流動性プールをさまざまな目的に最適化することができます。

インターネットに接続し、

あらゆるタイプのERC-20トークンを所有している人は誰でも、

AMMの流動性プールにトークンを提供することで

流動性プロバイダーになることができます。

流動性プロバイダーは通常、

プールにトークンを提供するための手数料を獲得します。

この手数料は、流動性プールとやり取りするトレーダーによって支払われます。

最近、流動性プロバイダーは、「イールドファーミング」として知られているものを通じて、

プロジェクトトークンの形で手数料を稼ぐこともできました。

一定の生成式

AMMは、DeFiエコシステムで資産を取引するための主要な方法になりました。

すべては、イーサリアムの創設者であるVitalikButerinによる

「オンチェーンマーケットメーカー」に関するブログ投稿から始まりました。

AMMの秘密の要素は、さまざまな形をとることができる単純な数式です。

最も一般的なものは、Vitalikによって次のように提案されました。

tokenA_balance(p) * tokenB_balance(p) = k

ユニスワップによって次のように普及しました。

x * y = k

「k」で表される定数は、

流動性プール内のトークンの価格を決定する

資産に一定のバランスがあることを意味します。

たとえば、AMMに2つの変動資産であるイーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)がある場合、

ETHを購入するたびに、プール内のETHが購入前よりも少なくなるため、

ETHの価格が上昇します。

逆に、プール内のBTCが増えると、

BTCの価格は下がります。

プールは一定のバランスを保ち、

プール内のETHの合計値は

常にプール内のBTCの合計値と等しくなります。

新しい流動性プロバイダーが参加した場合にのみ、

プールのサイズが拡大します。

視覚的には、AMMプール内のトークンの価格は、

式によって決定される曲線に従います。

この一定のバランスの状態で、

1つのETHを購入すると、ETHの価格は曲線に沿ってわずかに上昇し、

1つのETHを売却すると、ETHの価格は曲線に沿ってわずかに下降します。

ETH-BTCプールのBTCの価格には逆のことが起こります。

価格がどれほど変動するかは関係ありません。

最終的には、比較的正確な市場価格を反映したバランスの状態に戻ります。

AMMの価格が他の取引所の市場価格から大きく外れている場合、

モデルはトレーダーにAMMと外部の暗号通貨取引所の価格差を

再びバランスするまで利用するように促します。

定数式はAMMの固有のコンポーネントであり、

さまざまなAMMがどのように機能するかを決定します。

自動マーケットメーカーの種類

自動化された、またはオンチェーン上のマネーマーケットを求めるVitalik Buterinの最初の投稿で、

彼はAMMが分散型取引に利用できる唯一のオプションではないことを強調しました。

代わりに、非AMM交換は、AMMの価格を正確に保つために不可欠であったため、

トークンを取引する多くの方法が必要でした。

しかし、彼が予測していなかったのは、AMMへのさまざまなアプローチの開発でした。


DeFiエコシステムは急速に進化していますが、

ユニスワップ、カーブ、バランサーの3つの主要なAMMモデルが登場しました。

ユニスワップの先駆的なテクノロジーにより、

ユーザーは50/50の比率のERC-20トークンの任意のペアで流動性プールを作成でき、

イーサリアムで最も永続的なAMMモデルになりました。

Curveは、ステーブルコインなどの同様の資産の流動性プールの作成を専門としており、

その結果、流動性が限られているという問題を解決しながら、

業界で最も低いレートと最も効率的な取引を提供します。

Balancerは、ユーザーが任意の比率で最大8つの異なる資産の動的流動性プールを作成できるようにすることで、

ユニスワップの限界を拡大し、AMMの柔軟性を拡張します。

自動マーケットメーカーは新しいテクノロジーを利用していますが、

急速に進化するDeFiエコシステムと

成熟産業の兆候において不可欠な金融商品であることがすでに証明されています。


このブログでは主に仮想通貨で

お金に働いてもらう方法を紹介しています。

月に1〜2回無料でメッセージを配信して

情報をお届けしているので、

ぜひ友だち追加をお願いします。

ラインの友だち追加はこちら↓

友だち追加

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。^^

-お金の健康
-