プログラミング

PythonでWebサービスが作れる?ConoHaWINGにCGIファイルをアップする方法

PythonでWebサービスが作れるの?
 
どうやってWebサービスをテストしたらいいの?

 
ConoHaのWINGにCGIファイルをアップする方法は?

という悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、私はプログラミング言語Pythonで
Webサービスの開発をしているからです。

結論だけ言うと、

PythonでWebサービスは作れます。

この記事ではCGIファイルをConoHaにアップする方法を紹介します。

読み終えていただければ、

Webサービスの作り方が分かります。

※おすすめのプログラミングスクール

せっかくプログラミングができるなら

稼げるレベルまで高めませんか?

現役エンジニアが就職サポートまでしています。

無料トライアル制度もあるのでおすすめです

PythonでWebサービスが作れるの?

PythonでWebサービスが作れるの?

Pythonとは主にデータ処理に特化したプログラミング言語です。

簡単で短いコードでプログラミングができるため、

初学者にも人気があります。

PythonでできることにWEBサービスの開発があります。

Webサーバー上で動的にHTMLなどのコンテンツを作成して

作成結果をWebブラウザーに出力します。

Pythonにはライブラリが豊富にあるので

少ないコードでWebサービスの開発ができます。

今回はConoHaのWINGにCGIファイルをアップして

Webサーバーのテストをしていきます。

CGIファイルとは?

CGIファイルとは?ConoHaへのアップのやり方まで解説

CGIファイルはWebサーバーからPythonのスクリプトを実行し

その標準出力をHTMLとして利用する際に使われるファイルです。

テキストにコードを書き、拡張子を.cgiにして作成します。

例えばサイコロの目を出力するプログラムは次のように書きます。

#!/opt/alt/python36/bin/python3.6

print("Content-Type: text/html; charset=UTF-8")
print("")

import random
dice = random.randint(1,6)
print("<html><body><h1>")
print("Dice =", dice)
print("</h1></body></html>")

1行目はConoHa上でPythonを動かすためのコードです。

Pythonがインストールされているフルパスにします。

(参考:ConoHaでPythonを使うときのパスは?

2行目は何を出力するのか、

コンテンツの種類を書いています。

text/HTMLはHTMLを意味します。

そしてprint()内のコードが実際の画面に出力するHTMLの本文となります。

上記のコードをテキストファイルに書いたら

拡張子を.cgiで保存します。

ConoHaへのアップロードする方法

次にConoHaにログインします。

conohaにcgiファイルをアップする

WING>サイト管理>ファイルマネージャーと進みます。

conohaへcgiファイルをアップロードする
conohaへcgiファイルをアップロードする
conohaにcgiファイルをアップする

ファイルマネージャーが起動したら

public_html>(自分のサイトのURL)に新規フォルダを作成します。

conohaにcgiファイルをアップする

私はtestというフォルダにしました。

ここにCGIファイルをアップロードします。

conohaにcgiファイルをアップする

ファイルを右クリック>属性変更を開き、

パーミッションを755にします。

conohaにcgiファイルをアップする
conohaにcgiファイルをアップする

これで完了です。

自分のサイトを開き、URLを変えてファイルを実行します。

URLは(自分のサイトのURL)/(フォルダ名)/(CGIファイル名).cgiです。

(参考:CGIファイルの実行結果を見る

conohaにcgiファイルをアップする

これでサイコロの目を出力するWebサービスができました。

次回はWebアプリの作り方を解説します。

※おすすめのプログラミングスクール

せっかくプログラミングができるなら

稼げるレベルまで高めませんか?

現役エンジニアが就職サポートまでしています。

無料トライアル制度もあるのでおすすめです↓

ここまで読んでくださりありがとうございました。^^

-プログラミング
-