ライフイベント表とは?お金の予定を作ってみよう!

○この記事でわかること。

  • ライフイベント表は人生の設計図
  • 「いつ」「どのくらい」のお金を準備すべきか、将来を考えるきっかけになる。

こんにちはー、ウチダです!

今回はライフイベント表を使って人生の設計図を描く方法について説明します。

(参考:毎月のお金の管理方法は?

ライフイベント表とは人生設計図です

人生には結婚や出産、マイホーム購入などたくさんのライフイベントがあります。

その予定を考えたことはありますか?

妻

○○歳までに△△したい!って、おおまかなイメージならあるよ!

このライフイベントでは大きなお金が動きます

そのときに十分なお金があるのでしょうか?

ライフイベントでどれだけお金がかかるのか、いつに予定すべきか考えるツールとしてライフイベント表があります。

図1 ライフイベント表

ライフイベント表はExcelで作成できますし、日本FP協会のHPからExcelもしくはPDFファイルをダウンロードできます。

(参考:ライフイベント表とは?

表では左側から西暦家族の年齢ライフイベント必要なお金を記入していきます。

妻

イベントごとに必要になるお金がすぐにわかる!

さらに、必要なお金の右側にもらえるお金も見積もります。

もらえるお金とは、国からもらえるお金勤め先からもらえるお金親からもらえるお金です。

妻

「イベントにかかるお金」と「もらえるお金」がわかれば、自分でいくらお金を準備すべきかわかるね

イベントの予定を立てると将来を考えるきっかけになる。

ライフイベント表では「いつ」「どのくらい」のお金がかかるのか目安を知ることが重要です。

書いていくと、そのイベントでどのくらいのお金が必要なのか興味が湧いてきます。

興味を持つことができれば調べる動機にもなり、本やブログ、サイトからいろんな情報を集めるきっかけとなります。

妻

家族と将来を考えるきっかけにもなるね!

もちろん、すべてが予定通りになるとは限りません。

予定が変わったときはライフイベントを見直して、無理な人生設計になっていないか確認しましょう

まとめ

人生設計はライフイベント表で考えることができ、将来を考えるきっかけになることを説明しました。

妻

ライフイベント表を作ると、人生をどう過ごすか考えるきっかけになるね!

人生設計のためにライフイベント表を一度作ってみましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございました。^^

1995年生まれ、佐賀県出身。 高専を卒業して大手化学メーカーの研究職に就職するが、投資で1200万円作ったので好きなことをやろうと決め、5年で退職する。 現在は保険代理店に勤めながらお金から自由になる仕組みづくりに挑戦している。 趣味は国内旅行。「コロナが明けたら旅行に行こう」が妻との合言葉。