お金の健康

ビットコインの買いチャンスを探る。チャート分析のやり方2

こんにちは、ウチダです。

前回の記事でチャート分析のやり方を紹介しました。

(参考:ビットコインの買いチャンスを探る。チャート分析のやり方

今回はもっと中長期でのトレンドの見方を紹介します。

いまビットコインは買うチャンス?トレンドを分析しよう

いまビットコインは買うチャンス?トレンドを分析しよう

安くなったときに買い、

高いときに売る。

売買で利益を出すには鉄則ですね。

ただ、下がり続けるところに買い向かうと

赤字を垂れ流す羽目になります。

なにが言いたいかというと

トレンドが大事なんです。

いまは下がり続けるトレンドなのか。

反転して、これから上昇するトレンドなのか。

それを探るのがチャート分析です。

今回は簡単なチャート分析のやり方を紹介します。

まずGoogle検索で「Trading view」と検索します。

trading viewのサイト

(参考:Trading View

検索窓に「BTCUSD」と入力し、検索します。

ビットコインのチャート

これでチャートを表示できました。

横軸が時間、縦軸がビットコイン価格になっています。

チャートにはバーがいくつも並んでいますが、

緑は上昇、赤は下落を意味します。

トレンドの見方は、移動平均線を使います。

移動平均とは、ある期間での価格の平均値を求めたものです。

例えば50日移動平均線なら、

50日間の平均値をプロットして、線を書きます。

中長期のトレンドを見る時は

50と200の移動平均線を使います。

これは短期と長期にあたるものです。

短期のラインが長期より上にあれば上昇トレンド、

逆に下にあれば下落トレンドと見ます。

表示するには画面上部のfxを押します。

移動平均線を表示する方法

検索窓に「moving average」と入力し、検索します。

移動平均線を検索する

moving average 50 & 200をクリックして、右上の☓ボタンで閉じます。

移動平均線をチャートに表示

これで表示できました。

最近は200日移動平均で反発しているのが分かります。

チャート分析をしている様子

このとき、200日移動平均線はサポートラインになっていると言われます。

下落しても、このサポートラインで反発するケースが多いです。

しかし、サポートラインを割り込むと

さらなる下落に繋がります。


チャート分析って面白そうだなって感じた人には

こちらの本がおすすめです。

初心者向けにイラストつきで解説されているので

とてもわかり易かったです。


仮想通貨の取引を始めるならGMOコインがおすすめです。

インターネット事業やFX事業を手がけているので

セキュリティが高く、安心感があります。

送金手数料も無料なのでかなり使い勝手がよく、

初心者におすすめです。


また、公式LINEではお金に働いてもらう方法を無料配信しています。

月1〜2回はメッセージ、週1回はタイムラインで配信中です。

お金に働いてもらう方法に興味があれば

ぜひ友だち追加をお願いします。

友だち追加

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。^^

-お金の健康
-